クリニックブログ

2022年2月24日 木曜日

虫歯の進み方と治療法とは?

恵比寿南橋デンタルクリニックです。
本日は虫歯の進み方と治療法についてお話しします。



『CO:最初期 脱灰』
歯の表面が白く濁ったり、不透明になっていたりする状態です。色素沈着などが発生しますが、穴はありませんし、虫歯の最初期であると自覚できるような症状も出ません。

・治療方法
ブラッシングのやり方を見直したり、フッ素を使って歯を再石灰化させたりして、これ以上エスカレートさせないようにしましょう。まだ本格的に虫歯になっているわけではありませんから、ここで食い止めたいところです。



『C1:初期 エナメル質の虫歯』
歯の表面のエナメル質に穴ができ始めています。ただ、痛みなどの症状はほぼ出ません。

・治療方法
この段階であれば、歯科用プラスチックを詰めることで容易に治療することが可能ですし、痛みもほぼありません。
ただ、穴ができてしまえば虫歯を削って治さなければならなくなります。



『C2:中期 象牙質の虫歯』
虫歯が、象牙質(エナメル質の奥)にまで到達しています。冷たい・甘い飲食物によってしみるようになります。

・治療方法
虫歯を削って、セラミック、銀歯、歯科用プラスチックなどを詰めて治します。この段階までくると麻酔が必要になることがほとんどです。



『C3:後期 神経まで到達した虫歯』
虫歯が歯髄(歯の神経)にまで到達しています。刺激がなくてもズキズキとして強い痛みに襲われることになります。

・治療方法
神経を取ってから、被せ物や詰め物を使います。もちろん麻酔が必須です。



『C4:末期 歯根まで届いた虫歯』
歯根にまで虫歯が到達しています。神経が死んでいるため痛くなくなる場合もありますが、そのまま放っておくと内部にバイ菌が蓄積して、強烈な痛みが発生する可能性があります。

・治療方法
歯を抜くことになる可能性が高いですが、状態次第では歯を残せるケースもあります。



本日は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございます。


恵比寿ガーデンプレイスタワー2Fの歯医者
《 恵比寿南橋デンタルクリニック 》
住所:渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー2F
TEL:03-5423-4618

記事URL

2022年2月11日 金曜日

インプラント治療のメリット①

恵比寿南橋デンタルクリニックです。
本日はインプラント治療のメリットについてお話しします。



『1.自分の歯のようにしっかりと噛むことができる』
インプラントは顎の骨の中に埋め込み、しっかりと固定するものです。
入れ歯のような不安定さはなく、しっかりと自分の歯のように噛むことができるという大きなメリットがあります。

しっかりと噛むことは、消化の面で良いこととされていますが、他にも認知症の予防、身体の運動能力の向上にも役立つことが分かっています。
いつまでも若く、健康的に過ごしたい方におすすめの治療法です。



『2.まるで自分の歯のような自然な見た目になる』
インプラントは人工歯根を顎の骨に埋め込み、その上に被せ物をします。

実際に目視できる部分は、周囲の歯に似せたセラミックの被せ物の部分だけになるので、まるで自分の歯のような自然な見た目が維持できます。



『3.身体の一部かのように違和感がなく、快適に使用できる』
インプラントの人工歯根は骨と結合し、一体化するため、自分の身体の一部のように違和感がありません。

一方取り外し式の入れ歯は、歯茎の上に乗せる感覚があるため、違和感に悩まされる患者様も少なくありません。



少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。



恵比寿ガーデンプレイスタワー2Fの歯医者
《 恵比寿南橋デンタルクリニック 》
住所:渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー2F
TEL:03-5423-4618

記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28